老人性イボの取り方

老人性イボの原因は肌の老化?

 

いつの間にかオデキが出来ていることに気付いて、放っておいたらどんどん大きくなってイボになってしまったという人はいませんか?それは老人性イボかも知れませんね。良性腫瘍ですから放置していても問題はないのですが、大きくなったり数が増えてしまうので、美容面からとても気にする人がいます。若い人ならなおさらでしょう。

 

老人性イボはどうしてできるのかというと、簡単にいえば肌の老化が原因です。肌の老化の原因には、紫外線や乾燥、摩擦などが挙げられます。

 

紫外線を浴びたとき、皮膚にはメラニンが作られます。日焼けをすると肌が茶色くなるのは、メラニンのせいだということはみなさんご存知ですね。茶色い色素を作ることで、遺伝子を紫外線からガードしているのです。紫外線を浴びすぎると、若い人であってもシミができるのはそのせいです。年齢に関係なく、紫外線は肌を老化させるのです。

 

若い人と年よりの違いは、新陳代謝のスピードです。年を取ると、新陳代謝が衰えてきます。そのせいでシミとなって現れてしまうのです。そしてさらに紫外線をあびていると、、老人性イボとなってしまうのです。新陳代謝はどんどん衰えていくので、紫外線を浴びれば浴びるほど、イボは大きくなっていきます。

 

光老化による老人性イボは、がんになる可能性も秘めています。素人では判断が難しいですので、気になるイボがあったら病院に行くと安心できますよ。治療をすれば取ってもらえます。小さいうちに取れば、それだけ簡単に取れますよ。

 

老人性イボができやすい人の特徴は?

 

老人性疣贅と聞いて、ピンと来る人は少ないと思います。これは老人性イボとも言われるもので、老化に伴って現れるものです。首や胸元にできることが多く、皮膚が薄い場所に出るという特徴があります。老人性といっても、若いと20代から出てくる人もいます。首になんだかボツボツしたものがある、という人は老人性イボかもしれませんよ。

 

イボにはウィルス性のものもありますが、老人性イボはウィルスとは無関係です。老化現象ですので、放置しておいても問題はありません。ですが、もしかしたら大きくなってしまうこともあります。数が増えるかも知れません。

 

高齢になるほど、治療はせずに放っておく人が多くなるようですが、20代などの若い年齢では見た目がとても気になりますよね。このイボは、80歳以上の人には出来ているものだそうです。30代くらいから発症しやすくなってくるそうです。

 

首イボがある人とない人がいるのは、どうしてでしょうか。周りの人の首と比べて、なんで自分だけにイボがあるのか疑問に思いませんか?老人性イボができやすい体というのがあるのでしょうか。

 

実は、原因がはっきりとしていないのです。考えられるのは、紫外線の影響ではないかということです。首や胸元など、露出している部分にできやすいことから、そう考えられています。また、遺伝も関係しているようです。イボができやすい家系ですと、体質を受け継いでいる場合があります。

 

イボの種類

 

気がついたら吹き出物が出来ていて、放っておいたら大きなイボになってしまった人はいませんか?それは老人性イボかも知れません。このイボは柔らかい部分にできるのが特徴で、目立たない場所だと放置してしまいます。

 

老人性イボの場合は単なる老化現象ですから、放置しても害はないですが大きくなったり数が増えたりしてしまうこともあります。気になる場合は皮膚科に相談に行くと良いでしょう。

 

イボの種類には3つあります。1つ目は、ヒトパピローマウィルスによってできるイボです。イボと言えば、普通はこれを指すと思って良いでしょう。どこにでもできるイボで、小さい傷からウィルスが入ることで感染します。他の場所に移ったり、人に移してしまうこともあります。

 

2つ目は水イボです。小さいイボで、プールで感染することが多いです。子供にできやすいのが特徴で、体中に広がってしまいます。できたイボを一つずつピンセットで取れば早く治るのですが、痛みがあるため子供は大泣きするでしょう。

 

3つ目は、老化によるイボです。いわゆる老人性イボというものです。老人性であっても、早いと20代から発症することもあります。良性で痛みはないですが、見た目が気になる場合は治療をしてもらえば取れます。

 

老人性イボは、紫外線の影響が大きいと考えられています。皮膚の光老化によってひきおこされるのです。屋外の仕事の人などは、若いうちから老人性イボが出来たりします。治療は液体窒素やレーザー治療があります。簡単にハサミでチョンと切るだけのものもあります。

 

老人性イボを取るスキンケア

 

イボが出来て気にしている人は多いかと思います。特に若い女性ですとなおさらですよね。イボにはウィルスによるものと、老化によるものがあります。老化によってできたイボを老人性イボと言います。このタイプのイボは、肌の調子を整えてあげることも大切。老人性イボに良いとされる化粧品があるので、ご紹介します。

 

肌が生まれ変わる仕組みを、ターンオーバーと言います。年齢が上がるにつれて、ターンオーバーに必要な皮脂が減ってしまうのです。すると、老人性イボができやすくなります。スキンケアをすることで、老人性イボの予防になるのです。ハトムギエキスや杏仁油、オリーブオイルなどを使うと効果的です。

 

きちんとスキンケアすることは、老人性イボにとても効果的です。肌のターンオーバーをしやすくしてあげれば、天然オイルには紫外線防止のはたらきもありますし、保湿もしてくれるのでターンオーバーが促されます。手軽に出来るので、毎日続けることができます。

 

イボに特に効果的なのが、ヨクイニンと言われています。これは漢方の世界で「ハトムギ」を指します。免疫反応を抑えると同時に、炎症も抑えてくれます。ですから、ニキビやアトピーの肌にも良いとされています。老廃物を運んでくれるので、シミにも効果的です。

 

ヨクイニンは天然成分ですので、副作用が殆どありません。100%安心と言えないのは、まれにアレルギー体質の人がいるからです。植物にかぶれやすい人は気をつけましょう。

 

老人性イボの液体窒素を使った治療法

 

加齢に伴ってできやすくなる、老人性イボ。放っておいても害はないですが、大きくなってしまったり数が増えたりします。見た目が気になるので治療をしたいと思う人もたくさんいます。

 

一般的な治療法として、液体窒素を使う方法があります。イボに液体窒素を当てて、そこをやけど状態にするのです。そしてカサブタを作って、イボも一緒にはがしてしまおうというものです。

 

液体窒素での治療には、どれくらいの期間が掛かるのか気になりますよね。カサブタがはがれることを利用している治療なので、肌のターンオーバーと深くかかわりがあります。ターンオーバーは一か月くらいと見ておけば良いでしょう。

 

液体窒素での治療を一回で済ませるというのは難しく、何回か繰り返さなければなりません。短い人なら3か月くらい、長いと1年以上という人もいます。イボの大きさなど、状態によって個人差が大きいのです。この間は通院することになります。

 

顔に出来ている場合には、液体窒素を使わないことがあります。また、イボが深く出来ている場合にも液体窒素は使われません。

 

老人性イボの原因は老化です。肌が新陳代謝しにくい状態になっているといえます。するとメラニン色素がたまってしまいます。どんどん蓄積し、長期間たつと老人性イボになるというわけです。痛くもないし体に悪いものでもないので、放置していても大丈夫ですが、大きくなる場合があるので小さいうちに取ってしまったほうが良いとも言えます。

 

老人性イボにイボコロリは効くの?

 

イボコロリという市販薬があります。名前からわかる通り、イボを取るお薬です。液体タイプや絆創膏タイプがあります。イボで病院に行くのが恥ずかしい人や、忙しくて治療に通う時間が取れない人などには、家で治療できるというのはとても嬉しいことですよね。

 

ですが、イボコロリはどんなイボにも効果があるというわけではありません。効かないイボもあるんですよ。そういうイボにイボコロリを使うと、よけい悪くなってしまう場合もあるので注意が必要なのです。

 

まず、イボの種類について知っておきましょう。イボには大きく分けて2つあります。ウィルス感染によってできるウィルス性のイボと、老化現象でできる老人性イボです。一般的にイボというのは、ウィルス性のものを指しています。

 

ウィルス性ですと、ヒトパピローマウィルスが皮膚に感染することでできます。触り過ぎてつぶしてしまったりすると、他の場所にも広がってしまったり、他の人に移す可能性もあります。

 

顔や手足にできるもの、足の裏にできるもの、顔や腕にできるものなど、場所によってウィルスの型もちがっているそうです。そして、このようなウィルス性のイボに、イボコロリは効果を発揮します。

 

では、老人性イボはどうでしょうか。こちらには残念ながら効果はないのです。使用上の注意にも書かれていて、老人性イボや皮膚の柔らかいところには使ってはいけません。イボコロリの内服タイプですと、老人性イボを対象にしているようです。